就学支援金制度

通信制高校も、国の就学支援金制度を利用すれば、実際に負担する授業料を軽減することができます。
しかも2020年(令和2年)4月からの制度改正で、私立の通信制高校の支援額が一層手厚くなりました。

高等学校等就学支援金(就学支援金)とはどんな制度?

家庭の状況にかかわらず、高校生等のみなさんが安心して勉学に打ち込める社会をつくるため、国の費用により、国立・私立高校等の生徒の授業料に充てる高等学校就学支援金を支給し、家庭の教育費負担を軽減するもので、国への返金の必要はありません。

就学支援金の対象となれば、公立の通信制高校の授業料は一律無償化、私立の通信制高校でも2020年(令和2年)4月からの制度改正により、授業料が実際に負担する授業料を大幅に軽減することができます 。

高等学校等就学支援金(就学支援金)

支給対象生徒

■高等学校等に在籍する生徒で日本国内に住所を有する者
■下表の①②に該当するもの
【支援金の支給額 家庭区分】※年収はあくまでも目安であり家族構成で異なる結果となります

区分 保護者全員の[課税標準額×0.06-調整控除額] 年収目安 支給限度額(月額) 支給限度額(年額)
家庭① 154,500円未満 590万円未満程度 24,750円/月 297,000円/年
家庭② 154,500円以上304,200円未満 590万円~910万円未満程度 9,900円/月 118,800円/年
家庭③ 304,200円以上 910万円以上 支給対象外 支給対象外
実際に納入する金額(自己負担額)

▼ 詳しい内容はこちらよりご確認ください。文部科学省「高校生等への修学支援」について
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/1418201.htm

高等学校就学支援金について

高等学校就学支援金について
高等学校就学支援金は、高等学校の費用を国が一部負担する制度で、2014年4月からスタートしました。

私立高校就学支援金について

私立高校就学支援金について
令和2年4月、高等学校等就学支援金の制度が改正されました。
保護者の所得に応じて、最大年額39万6,000円まで支給されます。

その他負担軽減制度について
長崎県の制度で保護者の授業料以外の負担軽減について

1年間の学費(授業料)について【目安】


長崎本部校の場合


1年間の学費(授業料)について【目安】

本部校の学費(授業料)の納入は前期(4月)後期(10月)の二期納入が原則となります。
ただし、個別の事情により分割納入(月々の分割)を認める場合はありますのでご相談ください。

(本部校在宅通信制コース生徒 学費(授業料)例)
授業料 360,000円
施設利用費 12,000円
合計

372,000/年

この合計額に就学支援金を充当 実際に負担する授業料
−297,000/年

−118,800/年
75,000/年(半期換算¥37,500) (月換算¥6,250)

253,200/年(半期換算¥126,600)(月額¥21,100)

【その他】
●初年度のみ入学金を納めていただきます。(¥100,000~¥70,000)
●その他、教科書代、体育活動費、印刷通信費などをご負担いただきます
●本部校ウィークデイコース、本部校ツーデイコースに在籍する生徒は、面接指導充実費などの追加費用がございます。
詳しくは募集要項をご確認ください。