資料請求
オープンスクール
個別相談

学校案内-開校ストーリー・沿革

開校ストーリー

「高校をつくりたいと思います」の言葉からはじまった夢

平成22年4月1日、福岡県で3年間、障害者スポーツを学んだ後、私は専門学校の職員として地元長崎の岩永学園グループに入社し、長崎駅前にある校舎(附帯教育施設)に配属となりました。入社初日、岩永守弘理事長より「窓の外を見てごらん。本校よりも目の前のビルの方が大きい。あんな大きな施設が自分のものになるとしたら君なら何をしたい?」と聞かれ、「高校をつくりたいと思います」ととっさに答えました。私は福岡での3年間は障害者スポーツの指導員として働くかたわら、高等学校で保健体育の非常勤講師としても勤務をしていました。その学校現場の中で、学校を辞めていく生徒、欠席が続いている生徒を多く見てきました。私は果たして生徒へ何を伝えることができたのだろうと無力さを感じることも多々ありました。その気持ちが心のどこかでモヤモヤしている状態だったんでしょうね…。とっさに出た答えがこの言葉でした。

「心技翔創変の精神」

岩永守弘理事長より他県の通信制高校を訪ねてみようと提案がありました。理事長は私たち職員よりもさらに深く、子どもたちを取り巻く社会背景を見て、悩み苦しんでいる子どもたちのニーズに合う教育施設の立ち上げに本気で動き始めていました。本学園グループの理念に「心技翔創変の精神」という言葉があります。意味は、「変化の激しい人生の中で時代の移り変わりを的確に捉え、心身・技術を磨き、進化・成長していくこと」です。理事長は5年後、10年後の子どもたちを取り巻く環境を見据え、今できることに動き出したのです。本校は母体が専門学校であるため、高校卒業資格を付与することはできません。しかし、他県にある広域通信制高校と連携することができれば、技能連携教育施設として開校し、高校卒業資格を付与することができると分かり、他県の通信制高校との面談が始まったのです。

たくさんのドラマを経てこころ未来高等学校の誕生

平成24年4月、長崎県教育委員会指定技能連携教育施設こころ夢未来高等学院が誕生し、27名の生徒が入学しました。そこからは毎日が試行錯誤。入学の経緯や学習の習熟度もちがう生徒たちと多くの時間を共有しました。夜も土日も関係なく、子どもたちの話に耳を傾け、勉強を教えてくれる「先生」ではなく、常に横にいてくれる「先輩」や「大人」として時間を過ごしました。本当にたくさんのドラマがあって涙を流す日も多かったです…。友人関係で辛い経験をし、人に会うことすら怖がっていた生徒が「学校の先生になりたい」と夢をもってくれた日。保護者の再婚が素直に喜べず、新しい父親と喧嘩ばかりの日々を通して初めて「お父さん」と呼べた日。病気で命を落とすまで、懸命に夢を追い続けた日。たくさんの生徒が、「自分」というドラマを、もがきながら前へ進め、卒業というクランクアップを迎える。その姿が新しい仲間(生徒)を増やし、平成28年4月に『こころ未来高等学校』となり、現在350名近くの生徒が在籍しています。

卒業生が本校の先生に

平成24年4月に編入学で本校へ入学し、教員になりたいという夢をみつけてくれた生徒が現在本校の教員として勤務しています。彼との初めての出会いは今でも鮮明に覚えています。母親と一緒に来校し、少しうつむき加減で元気がなく、悲しみのオーラを身にまといエネルギーが感じられない状態でした。面談終了後、私もなぜか一緒に落ち込み、この生徒の気持ちに寄り添うことができるのか不安を抱いたことを覚えています。編入学後も真面目すぎるくらい真面目な性格で、悩むことも多かったと思います。ただ、その真面目な性格が周りの生徒からの信頼へと繋がり、彼の姿を見て入学してくれる生徒も多くなり、自然と彼は学校の中心生徒となっていました。「教員免許をとってここに戻ってきたい!」卒業式でそう夢を語り卒業していった彼は、その言葉の通り、大学4年生で教育実習先に本校を指定しました。もちろん本校として初めての教育実習生です。私は嬉しさ反面、不安もありました。彼の真面目な性格で教職に就くと、責任ある仕事に重圧を感じ、前のように自信を無くしてしまうのではないかと思っていたからです。しかし私の予想を良い意味で彼は裏切ってくれました。私が初めて出会ったころの”彼”にはきっともう出会うことはありません。活力にあふれ、生徒のために汗を流す彼を毎日誇らしく見守っています。今年度もまた一人、「本校の教員になりたい」と大学進学を目指している生徒がいます。それを聞いた岩永理事長や平山校長もとても嬉しそうでした。そして何より日々生徒に関わっている先生方の嬉しさは一入だと思います。本校の先生方は本当にこれでもかというくらい生徒のことを考えてくれてますからね。すごい先生ばかりです。これから先も教職を夢見る生徒が先生となって戻ってこれる学校であり続けられるよう頑張っていきたいです。

地域との連携

令和元年度より関係団体より支援いただき、月に2回の校内無料カフェがオープンしました。またSDGsの理念のもと、ボランティア活動も積極的に取り入れ、地域の子どもたちとハロウィンパーティーをおこなったり、老人ホームを訪問しネイルやメイクをほどこしたり活動を続けてきました。今年度からは101歳の冨永考様と長崎キワニスクラブ様より、定期的にパンの提供をいただき生徒へ配布しています。先生と生徒の関係性だけではなく、地域やたくさんの大人のあたたかさが加わることで、こころ未来高等学校はさらに進化成長できるのだと思います。これからも社会、地域、保護者、卒業生、在校生…たくさんの人が集う場所であり続けたいと思います。

◎岩永学園グループ沿革

昭和62年1月 長崎カイロプラクティック学院 開校
平成17年4月 学校法人岩永学園 設置認可
平成18年4月 専修学校日本福祉整体学院 設置認可
平成19年4月 こころ医療福祉専門学校へ名称変更
平成21年4月 附帯教育事業 こころ医療福祉専門学校サテライト長崎駅前を開設
平成22年4月 こころプロフェッショナルカレッジ長崎へ名称変更及び移転
平成23年9月 こころプロフェッショナルカレッジ高等部 設置
学校法人国際学園 星槎国際高等学校の連携校として通信制生徒受入開始
平成24年1月 こころプロフェッショナルカレッジ高等部が長崎県教育委員会指定技能連携
教育施設(星槎国際高等学校との連携)となる
平成24年4月 こころプロフェッショナルカレッジ高等部 開校
平成25年4月 こころプロフェッショナルカレッジ高等部をこころ夢未来高等学院に名称変更
学校法人 第二岩永学園 こころ美健福祉専門学校 開校
平成27年12月 学校法人 第二岩永学園 こころ未来高等学校 設置認可
平成28年4月 こころ未来高等学校 開校