資料請求
オープンスクール
個別相談

就学支援金制度

通信制高校も、国の就学支援金制度を利用すれば、実際に負担する授業料を軽減することができます。
しかも2020年(令和2年)4月からの制度改正で、私立の通信制高校の支援額が一層手厚くなりました。

高等学校等就学支援金(就学支援金)とはどんな制度?

高等学校等就学支援金(就学支援金)とは、国が家計の負担を軽減し、生徒の就学を支援するのが目的の、返還不要の授業料支援制度です。現在、全国の約8割の生徒が利用しています。

就学支援金の対象となれば、公立の通信制高校の授業料は一律無償化、私立の通信制高校でも2020年(令和2年)4月からの制度改正により、授業料が実際に負担する授業料を大幅に軽減することができます 。

生 徒~国

1年間の学費(授業料)について【目安】

長崎本部校の場合

本部校の学費(授業料)の納入は前期(4月)後期(10月)の二期納入が原則となります。
ただし、個別の事情により分割納入(月々の分割)を認める場合はありますのでご相談ください。

(本部校在宅通信制コース生徒 学費(授業料)例)

授業料

360,000円

施設利用費

12,000円

合計

372,000/年

この合計額に就学支援金を充当

実際に負担する授業料

−297,000/年

−118,800/年

75,000/年(半期換算¥37,500)(月換算¥6,250)

253,200/年(半期換算¥126,600)(月額¥21,100)

【その他】

  • ・初年度のみ入学金を納めていただきます。(¥100,000~¥70,000)
  • ・その他、教科書代、体育活動費、印刷通信費などをご負担いただきます
  • ・本部校ウィークデイコース、本部校ツーデイコースに在籍する生徒は、面接指導充実費などの追加費用がございます。
    詳しくは募集要項をご確認ください。

卒業生の方へ

学園採用情報

進路実績

個別相談・オープンスクール

資料請求・お問い合わせ

その他