資料請求
オープンスクール
個別相談

学校案内-教育理念

学校経営方針

1.岩永学園グループ理念

理念

2.学校経営計画

(1)校訓

心技翔創変の精神の基に、こころの成長と人格の形成を目指します。

(2)基本方針

多様性を尊び、生徒の多様なニーズに応えることのできる教育環境の整備に努めます。また、広域通信制高等学校の柔軟性を活かしたカリキュラム編成と、個に応じた授業支援や個別対応の充実により、多様な支援ニーズのある生徒がともに自立に向けて学ぶ、開かれた学校づくりを目指します。

(3)教育方針

① 何のためにを追求

・何のために学校に通い勉強しているのか、自己を見つめ、自己の存在感を実感しながら、主体的に学びを深める生徒を育成します。

② 人格の形成

・誠実(挨拶・心くばり)、気力(体力・集中力)、智恵(感性・思考)、行動(意識・存在感)、この視点から指導を行い、自己実現を図ります。

③ 社会が求める人材の育成

・社会的・職業的な自立に向けて必要な資質・能力を身に付けていくことができるようキャリア教育の充実を図るとともに、専門分野の知識・技能を習得して資格取得を目指す生徒を育成します。

④ 社会に貢献

・社会体験や地域交流を通して、自らの役割を自覚し、社会に貢献する喜びを味わわせるとともに、奉仕と感謝の心を育て、笑顔のあふれる温かい学校づくりを目指します。

(4)重点目標

  • Ⅰ 生徒一人一人のニーズに応じた学力向上と進路指導の推進
  • Ⅱ 生徒の思いに寄り添い、自己実現を図るための教育相談体制の充実
  • Ⅲ 広域通信制高等学校として、より質の高い教育の提供と実践の発信

(5)具体的方策

生徒の実態を把握し、広域通信制高等学校の特長を踏まえ、教育目標の実現に必要な教育内容を組み立てること、実施状況を評価して改善を図ることなどを通して、組織的かつ計画的に教育活動の質の向上を図る。

Ⅰ 生徒一人一人のニーズに応じた学力向上と進路指導の推進
  • ・「持続可能な社会の創り手」となるために必要な能力として、「未来像を予測して計画を立てる力」や「進んで参加する態度」を育成する
  • ・わかる喜びを実感させる授業を行い、基礎学力の定着を図る
  • ・生徒が主体的に考え、学ぶ意欲を高める授業改善に努める
  • ・授業の動画配信を計画的・定期的に更新し、生徒へ積極的な活用を指導する
  • ・安全・安心な教育環境を整備する
  • ・特別活動の活動目標と内容の精選、年間計画の作成と適切な実施に努める
  • ・大学・専門学校等への進学と就職に向けた進路指導を充実する
  • ・職業的自立に必要な資質・能力の育成をめざすキャリア教育を推進する
  • ・基礎学力定着のために、チャレンジプログラムを積極的に活用する
  • ・新学習指導要領を踏まえ、多様な学びに対応するための教職員研修を推進する
Ⅱ 生徒の思いに寄り添い、自己実現を図るための教育相談体制の充実
  • ・生徒がよりよい人間関係を形成し、自己実現を図ることができるよう「コミュニケーション力」や「つながりを尊重する態度」の育成に努める
  • ・教育相談部を中心に、SC、SSWと情報を共有し、問題の早期発見・早期対応に努める
  • ・非活動生徒を把握し、学年団と教育相談部との情報共有と早期対応に努める
  • ・教育支援計画に基づき、個に応じた授業支援、学びなおし支援を推進する
  • ・生徒理解を深め適切な指導に資する研修を推進し、職員の資質向上を図る
  • ・コミュニケーション能力の向上を図るSSTを実施する
  • ・ユニバーサルデザインを意識した教育環境の整備に努める
  • ・教育、医療、福祉などの関係機関との連携を強化する
Ⅲ 広域通信制高等学校として、より質の高い教育の提供と実践の発信
  • ・広域通信制高校の特長とビジョンを共有する
  • ・本部校としてサポート校との連携を深め、教育活動にかかる支援を強化する
  • ・動画配信等の工夫や本部校での面接指導の充実に努める
  • ・NPO法人ゆめ未来支援協会との連携による不登校支援を継続する
  • ・関係機関(教育・福祉)や企業との連携強化と職場体験の企画・運営に努める
  • ・様々な通信手段を活用した、迅速で正確な情報の発信をさらに工夫する
  • ・学校教育を通じたSDGs教育を実践し、サポート校とも推進を強化する。

学校評価PDFはこちら

立志

「立志」は、目的を決めてそのことを成し遂げようとすることです。
新しい環境に自分の意志で飛び込んだみなさんには、これをチャンスと捉え、ぜひ夢や目標をもって充実した高校生活を送ってもらいたいと思います。
ここで元プロサッカー選手の澤穂希さんの言葉を紹介します。澤さんは、なでしこジャパンのキャプテンとして、2011年のW杯でチームを初優勝に導いた立役者。そして、サッカー選手にとって最も栄誉ある「FIFA女子年間最優秀選手」にも選ばれました。2012年にはロンドンオリンピックの銀メダル獲得に貢献し、2015年にはW杯6大会連続出場というギネス世界記録を打ち立て、その後引退。「サッカー界のレジェンド」として数々の栄誉に輝いた澤さんには、夢をかなえるために人生の節目節目で大切にしてきた言葉があるそうです。
その一つ目は、「苦しいときも一人ではない」。サッカーは前半・後半合わせて90分、さらに延長戦、PK戦、と長時間を戦い抜くスポーツです。相手が優勢だったり、思うようなプレーができなかったり…試合中には苦しい時間帯を乗り越えるタフさが求められます。そんなときに大事にしていたのが、「苦しいときも一人ではない」という言葉だそうです。「サッカーはチームプレーですから、自分が苦しい時間帯はみんな苦しいんです。苦しいのは自分だけじゃないんだ、みんな一緒なんだと思うと、『もっと頑張ろう』という気持ちが湧いてくるんです」と語っています。仲間とともに苦しさを乗り越えるため、澤さんが心掛けていたのは「あれこれ言うよりも自分が得点を決め、体を張って行動で示す。そのほうがみんなから信頼してもらえます。そして、チームメートの頑張りも褒めること。たとえライバルチームであっても、良いプレーをしたときは褒めていました。褒められるとうれしいし、自信になります。相手の良さを素直に認めることも大事です。」さすがキャプテンとしてチームを引っ張ってきた人の言葉だと思います。
二つ目は、「プレッシャーは克服しない」。「プレッシャーは克服しない」という言葉は意外な印象も受けますが、誰にでも得意・不得意があって当然です。「人それぞれ得意なことは違いますし、澤穂希みたいな選手が11人いても試合には勝てません。私は、あえて足が速い選手には挑まず、『絶対に人には負けない決定力』に磨きをかけていました」と言っています。自分をよく知り、長所を磨いていけば、『ここまで練習してきたんだから、絶対に大丈夫!』と自分に言い聞かせることができ、大舞台のプレッシャーも跳ねのけられると言います。
 最後は、「迷ったときはやってみる。」「迷うのは、『やってみたい』からだと思うんです。人は『やるぞ』と覚悟を決めたら強いですし、同じ後悔をするなら、やってみるほうが良いと思います。」澤さんも大学を1年生で中退し、アメリカでプレーすることを決めたときはずいぶん迷ったそうです。いざ渡米しても最初は英語に慣れず、現地選手の身体能力の高さに驚くこともあったと言います。いろいろな苦労にぶつかったおかげで今の自分があります。皆さんも何かを始めるときには迷いや不安があると思いますが、澤さんのように「迷ったときはやってみる」という言葉を信じて、新しい一歩を踏み出してみましょう。
みなさんも、何かひとつ目標を持って、自分の可能性に挑戦してみてください。そして、仲間と共に切磋琢磨して、一回り大きく成長させる一年にしましょう。

快心

「快心」の意味を辞書で調べると、「心持ちがよいこと」とあります。学校は集団で生活する小社会、集団の中でみんなが心地よく過ごすためにはどうすればよいのでしょうか。
去年はラグビーワールドカップが日本で開催されました。その間日本中が選手の活躍にくぎ付けになり、選手も応援席もそしてTVの前のにわかファンも「ONE TEAM」になって熱狂しました。ラグビーのルールを知らなかった私にも、スクラムを組んでじわりじわりと前に進んで行く姿や、ボールを仲間につないで軽快に走り抜けていく姿は、本当に「みんなで一つ」なんだと思えました。
かつて神戸製鋼ラグビー部で活躍した平尾誠二さんは、「自覚のない自主性は単なるちゃらんぽらんに過ぎない」と言っています。ラグビーは、スーパースターが一人いれば勝てる競技ではありません。どんなに足が速い人でも一人で走り切ってトライすることはできないし、どんなに力の強い人も一人の力だけで相手を止めることはできない、どのスポーツでも、いかに仲間と心を通わせ意思疎通して動くかが重要です。ボールの動きを見て自分はどう動けばよいかを瞬時に考え判断し、仲間の動きをよく見て動く、それが「ONE TEAM」です。
平尾さんが言っている「自覚のない自主性」とは、自分勝手な独りよがりの行動です。それは自主性ではなくわがままです。自主性とわがままを分けるもの、それが規律です。集団生活にはすべてルールがあり、互いに譲り合い、思いやりの心をもって過ごすことでみんなが気持ちよく過ごすことができます。ルールやマナーは、みんながそれを守って初めて一人一人が気持ちよく学校生活を安全に過ごすことができるのです。時間を守る、身だしなみを整える、あいさつや返事、言葉遣いなど、当たり前のことですが、全て社会生活を送るうえで、他人とうまく調和して生活するために大切なものです。自覚を持って、規律ある生活を送るように心がけましょう。

感謝

「ありがとう」の言葉で人は感動を覚え成長します。学校は仲間と支え合って活動するところです。自分一人でできることは多くありません。一人より二人、二人よりみんなで、力を合わせることで大きな力になります。学校では一人では得られない大きな感動を味わうこともできます。仲間のすばらしさに気づき、良さを認め合い、協力して活動することが、みなさん一人一人の可能性をもっと伸ばすことになり、すばらしい学校にすることにつながります。高校生活で生涯の宝物と思える親友を得た、という話をよく聞きます。学級で、生徒会で、部活動で、ボランティア活動などを通して、仲間と一緒に自分たちができることを考え行動し、みなさんの力で「ありがとう」の言葉が飛び交う明るい学校にしていきましょう。「ありがとう」の言葉はみんなを笑顔にする魔法の言葉です。
みなさんの高校生活が充実し素晴らしい成長につながることを期待しています。

卒業生の方へ

学園採用情報

進路実績

個別相談・オープンスクール

資料請求・お問い合わせ

その他